Concept

自分自身が持つ「答え」を見つけるコーチング

新しいことを始めたいときや自分を変えたいと思っているときに、何をすれば良いか分からずに困っている方をお手伝いしたいとの想いから、脳タイプ別コーチングを行っております。オンラインの気軽な相談で、思考を整理するところから始められます。

自分自身を変えるための答えを探す時間

人間関係やビジネス、恋愛など、悩みには様々な種類があります。しかし、どのようなお悩みであっても、抜け出すきっかけは自分自身の中に眠っております。本当の答えはあなたの中にあり、それを見つけ出すことが難しいことがほとんどです。そこで、カウンセリングによって複雑に絡まり合った現状や思考を一度整理し、答えにつながる道を一緒に見つけられるようにお手伝いします。長年多くのお悩みを傾聴してきたことから独自の心理学と脳科学に基づく「脳傾向性診断」を用いたセッションで、マインド(思考)の書き換えにつなげてまいります。

自分がすることに迷っている方のお手伝い

「起業をしたいけれど、どういうサービスをすれば良いのかが分からない」「新しいことを始めたいけれど、何から始めれば良いのか分からずにモヤモヤしている」といったお悩みを抱えていませんか。本気で変わりたいと思っていても、何をして良いか分からないことは少なくありません。しかし、一人で悩んだり、考え込んだりすれば答えが見つかるわけでもありません。どのようなお悩みであっても、堂々巡りで答えに辿り着かないときはぜひ一度お問い合わせください。あなたが知らない「自分自身」を探し、答えを引き出すことで、秘められた魅力が開花するようにサポートいたします。

苦手なことを手放すための脳傾向性診断

例えば、憧れている方の真似をしてみたり、感銘を受けた言葉を実践してみたりしても、何故かうまくいかないことがあります。そういうときは、もしかするとあなたの脳が苦手なことをしようとしているのかもしれません。脳には元々得意・不得意ややりたいこと・やりたくないことなどがあります。そのため、同じ結果に辿り着こうとしても、スムーズにそこに至るまでの過程は個人差があるのです。苦手なことをしようとすると、脳のパフォーマンスが下がってしまいます。自分の脳の傾向と得意なこと、苦手なことをすると、自分自身がやりたいことを達成するまでの答えが明確になります。

苦手なことをすると大きなストレスが掛かり、脳全体のパフォーマンス能力が落ちてしまいます。多くの方は、自分が苦手なことやできないことに目を向けがちです。しかし、少し視点を変えると、自分が当たり前にできていることでも、ほかの人にとっては難しいことがあります。脳は一人ひとり異なり、得意なことや苦手なことも個人差があります。まずは脳傾向性診断であなたの脳タイプを数値化し、今まで見えてこなかった自分を見つけた上で、「これからどうすべきか」「どういうプロセスで答えを導き出すか」という悩みをオンラインで相談してまいります。